2022年09月02日

季刊『禅文化』第265号 -特集 僊厓 ~洒脱と禅~ - が刊行 されました...

季刊『禅文化』第265号  

 

  -特集 僊厓 ~洒脱と禅~ - 

 

が刊行 されました。

 

今号の特集は、禅の枠組みを超えて有名な、仙厓和尚です。

「○△□」などの、今日のわたしたちの目にも新鮮な墨蹟などを通じて世界中にその名が知られています。

 

本号は、

 

教化の実践的手段として求められるまま描いた、軽妙洒脱で自在な絵の数々。しかし、いっさい偉ぶることのないそれらの作品から浮かび上がるのは、突き抜けた禅者の姿である――。近世禅林の傑僧・僊厓義梵(1750 ~ 1837)に迫った。

 

と紹介されています。

執筆者も、僊厓和尚が住した博多の聖福寺住職にして臨済宗聖福寺僧堂師家である細川白峰老大師、野火止の平林寺住職・平林僧堂師家の松竹寛山老大師、作家の玄侑宗久師など、豪華な顔ぶれとなっています。

 

詳細はこちらを参照してください。

 

季刊『禅文化』には、住職 古川 周賢老大師も引き続き連載を 続けており、この第265号でも、

  『禅の見方、考え方(二九) 私とは何者か - 己事究明(二六)』

というタイトルで執筆をしておられます。

 

本雑誌、バックナンバーなどは、こちらでお求めいただけます。

 

お問い合わせは、こちらに。

 

   公益財団法人 公禅文化研究所

カテゴリ−: お知らせ