2022年07月18日

武田信玄公四五〇回忌記念特別コンサート『邂逅』が開催されました...

令和4年5月27日(金)・28日(土)、

恵林寺コンサートシリーズ Vol.1

     初回特別公演

 ~武田信玄公450回忌によせて~

舞踊・うた・中世ハープ・華道造形アートによるパフォーマンス

 

   『邂逅』

 

が開催されました。

会場は、恵林寺大書院・本堂です。

出演は、

  中村恩恵 舞踊家

  夏山美夏恵 うた

  伊藤美恵 中世ハープ

  一穂・ISSUI 華道造形アート

 

主催 合同会社ナーブル音楽企画

共催・乾徳山 恵林寺

公演 オランダ王国大使館、山梨県、(株)テレビ山梨、山梨日日新聞社・山梨放送

 

両日とも、19時開演、それぞれ50名の皆様がお越しになりました。

世界を舞台に活躍する一流の芸術家たちによる素晴らしい演奏に、会場は熱い熱気に包まれ、終演後も感動の余韻を残す機会となりました。

住職、古川周賢老大師は、

 

武田信玄公四五〇回忌記念特別コンサート『邂逅』は、「素晴らしい」を遥かに超えた至福のひと時でした。
お越しの皆さまの集中度の高さが大きな磁場のように働き、最後まで夢のような別世界を立ち上らせ、文字通りの「邂逅」となりました。
これだけの場を生み出して下さった皆さんに心からの尊敬と感謝を捧げたく思います♪
コンサートは、中世ヨーロッパの世界が、時空を超えて恵林寺の本堂に出現したような、衝撃的なものでした...
 
武田信玄公は、「仏国土」という理想を通じて戦乱の彼方を見つめ、歌心を通じて時代と文化を超えた共感を自在にした人でした。
教養という言葉が単なる物知り程度の意味になり、有用である、という観点から論議されるような浅薄なものになってしまいがちないま、改めて思うことがたくさんあります。
おおよそ、普通の暮らしをしている人であれば耳にし、目にすることがないような世界...そうしたものを目の前にし、耳で聴き、共感し、涙を流す...
お越しになった方々のそうした姿を目の当たりにして、藝術の持つ圧倒的な力を思い、人間の素晴らしさを感じます。力による支配は、物理的に制約されていますが、精神の力による共鳴は時空を越える...第一級の詩人であった信玄公も、喜んでくださっていることと思います。
この企画を実現した川口聖加さんとナーブル音楽企画のスタッフの皆さん、難しい照明の課題を今回も想像以上の形で解決し見事な舞台を実現してくださいました光栄電気の橋田達彦さん、お力添えをいただきました皆さん、後援をいただきましたオランダ王国大使館、山梨県、(株)テレビ山梨、山梨日日新聞社・山梨放送、ご来場の皆様、そしてなによりも素晴らしい邂逅の場を生み出してくださいました4人の芸術家に心からの尊敬と感謝を申し上げます。有難うございました。
 
と話しておられました。
 

カテゴリ−: 特別行事