2017年08月05日

季刊『禅文化』第245号 -特集 白隠禅師シンポジウム~京都~  が刊行 されました。

季刊『禅文化』第244号 -特集 白隠禅師シンポジウム~京都~ 

が刊行 されました。

 

本号の特集は、今年没後250年の記念の年を迎える白隠禅師です。

 

白隠禅師については、昨年、没後1150年を迎えた臨済宗の開祖臨済義玄

禅師と共に、その遺徳を検証する行事が各地で行われました。

 

今年は、白隠禅師の没後250年の正当の年です。

 

白隠禅師は妙心寺に上堂したことがなかたっため、これまで正式に妙心寺の

本山において遠諱の慶賛法要を行われることがありませんでした。

今年、250年の正当の年をもって、初めて妙心寺法堂において慶賛法要が

厳修され、翌日、花園大学において記念の『白隠禅師シンポジウム』が開催

されました。

 

本号は、そのシンポジウムの記録を中心に、日本臨済宗中興の祖と讃えられ

る白隠禅師顕彰の特集が組まれています。

 

 

季刊『禅文化』には、住職 古川 周賢老大師も引き続き連載を 続けており、

この第245号では、

 

  『禅の見方、考え方(九) 私とは何者か - 己事究明(六)』

というタイトルで執筆をしておられます。

 

本雑誌、バックナンバーなどは、こちらでお求めいただけます。

お問い合わせは、こちらに。

   公益財団法人 禅文化研究所

カテゴリ−: お知らせ